読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実的恋愛論。

現実的に恋愛を考える。恋愛を愛してます。

出会いがない

出会いがない

そんなよく聞くお話。

現実的恋愛論ならどうするか。

前回、因果論を紹介しました。

ものごとはなるようにしかならない。当たり前のこと。

なら、出会いはどうするか。出会いはご縁です。よく言うのは縁があるとかないとか、縁遠い生活を送ってるって話。

 

出会いのポイント"縁"

んならその縁って何でしょ。人と人をつなげる何か。

因果論で言うなら因は原因、果は結果。

因縁がある、というようにその間に入るのが縁=条件

縁は、原因と結果を結ぶ縁(えにし)。

ということは出会う条件を整える=縁で、すなわち出会いを生むこと。

早い話が部屋にこもったり職場との往復だけで出会いがないのは当たり前です。

日々特定の人としか会わないわけですから。

もしそこで何とかするなら、電車の中や喫茶店での出会いを活かすしかない。

それを「出会い化」するしかなくなるわけです。声をかけるとかして。

でもそれってハードル高いですよね。

無論きっかけがあったら逃さないことは大事です。

 

書を捨てよ、町へでよう

つまりは外へ出るしかない。今の日常生活に出会いの場がないのなら、そこから脱するしかないのです。勇気を持って一歩踏み出しましょう。

待ってても出会いは降ってきません。なら出会いの場に出るしかない。

そうなったときに最もわかりやすいのは、出会い系だの街コンだの婚活だのになりますが、正直オススメしません。出会いを作る訓練にならないからです。

確かにそういった場はわかりやすい。出会いを求めた同士が集まる場だから。

けれど、日常の出会いはそうではないのです。だから人と会うことを恋愛の出会いとしていかなきゃいけないし、仲良くなっていく過程を作っていかなきゃいけない。

それができるようになって、自分で出会いを作り、活かすことができるようになるのです。

だから私のオススメは「自分の趣味でいろんな場に出ること」

バーのカウンター席よし。飲み会よし。何らかのサークルよし。イベントよし。ただし、新しい人と出会うことのある場所にすること。

仲間づくりをすることです。自分の趣味なら出会った相手と仲良くなりやすいし、もし恋愛の出会いがなくとも趣味そのものは楽しめます。そうして、とにかく人と知り合って一緒に楽しむ。

当たり前のことだけれど、そういったところから恋って生まれるもんでしょ。

 

ちょっと応用編

出会いが無いなら、出会いの場へ行く。出会いを作る。じゃあどんな場に行くのか。

オススメは自分の趣味。でも別のやり方もできます。

特定の層の集まる場に行く。という方法です。

自分の好みのタイプが集まってそうな場所。自分を受け入れそうな場所。意識高い系。本好き。オタク。伝統文化。

場によって集まる層というのは自然と定まってきます。

ならば、自分の出会いたい層がどこにいるのかをリサーチして、その場に突撃すればいい。そうすると、出会いの質も変わってくるでしょう。

とはいえ、やはり最初は会話もしやすいですし、趣味から延長していくのをオススメします。

 

そんな時間ねぇよ!という人へ

出会いを作らなきゃいけない。町へでるしかない。

でもそんな時間ねぇんだよ!という方。

正直、じゃあどうしようもありません。一番直通コースの婚活云々にしても、その後に相手との関係を築くのにデートやら時間を割かねばなりませんし、さらに結婚生活だって円満にするためにはコミュニケーションや関係作りの時間は大切でしょう。

出会いの方法はどれを取っても時簡短縮にはほとんどなりません。

なので時間は作ってください。それしかありません。出会いをつくり育む時間がなければどうにもならないのは、あなたがいちばん身に染みてわかってるはずです。

恋愛しましょう。そのために時間を確保することはとても大事です。

それはきっと、したいことをする時間の確保にもつながるはずです。

 

まとめ

出会いがない。なら勇気を持って出会いに行くこと。

積極性が大事です。もちろん出会ったら声をかけましょう。連絡先を聞きましょう。断られても気にしない。それが無ければ始まりません。

もうそんな場に出てるけど出会いがない。って人は別の場に出て、別の層を狙いましょう。どんどん外に出てください。

単純な確立論ですが、あなたの恋人になるのが100人に1人なら、100人に出会えばいいということになります。1000人なら、それを目指しましょう。そうすれば恋人ができるはずです。人の好みは多様で、案外あなたが好きって人もいるもんです。

いろんな場、いろんな人との出会いはきっと、人生を豊かにすることに繋がると思います。たとえきっかけが恋愛目的だったとしても。

さぁ。書を捨て、町へでましょう。

はじめのはじめのだいいっぽ。

現実的恋愛論、さいしょのお話は

「ものごと全てなるようにしかならない」

ということ。

 

そらせやろという話だけれど、なにぶん恋愛は感情でするもの。そう思えなかったりするものです。

「私はこんなに愛してるのに、相手が応えてくれない」

そんな話が、一番わかりやすい例。

果たして私が愛することと、相手が応えることに因果関係が成り立つでしょうか。

答えはNo。

 

好きな気持ちが強いほど応えて欲しいのが人情ってもんです。でももしそれが成り立ったらアイドルとかえらいことになります。

ものごと全てなるようにしかならない。

つまり、好きになるようになっている人を好きになるということ。

その条件が整っているかが鍵です。

まずはその現実をしっかりと認識していきましょう。

相手が好きになる条件は何か?

それを満たしちゃえばいいんです。ぶっちゃけ相手を愛しているかは関係ありません。向こうだって片思いをするわけですから。

そしてもう一つぶっちゃけると無理なもんは無理ってことです。

 

じゃあ相手の好みになればいいのかというと、相手が言う好みのタイプが全てでもないんです。

全然タイプちゃうねんけど好きやねんな~。なんて話もある。つまり、好きになる条件を本人も全て認識してるわけではない。考えてみりゃ、自分の全部がわかるわけじゃないですからね。 

 

ほんならどないしたらええねん!

となるかもしれませんが、焦らないで。

今回のお話で重要なのは、

自分のしていることは欲しい結果につながっているか?

という因果論の視点を持つことです。

つながっているハズなのに結果がつながってないなら、それは間違ってます。もしくはヌケモレがあります。なるようにしかならない。結果が正しいんです。

まずはその視点をしっかりと持ちましょう。

 

相手はどう感じるのか。本当に喜んでいるのか。実際には何が好きで、どうすれば魅力的に見えるのか。 

 

「ものごと全てなるようにしかならない」

厳しいし難しいけれど、それが現実。

現実的恋愛論、はじめの第一歩。

現実的に恋愛を考える

はじめまして。

現実的に恋愛の話をよう。そんなお話。

べつに私は伝説のナンパ師でも、心理学を修めた博士でもない。医者でもない。子宮も感じられない。もちろん百発百中でもない。フラれるのもしょっちゅう。

でも、他の人より恋愛が好き。
恋に恋しているというよりは、恋愛というものを愛している。
そんなことを表明しているもんだからよく恋愛相談を受ける。
あーだこーだとアドバイスをしてるうちに、
そういうのブログとかに書いてよと言われることが多くなった。
んで、恋愛の話は大好きだし、ほなやってみよかということに。

だからいつもの恋バナのように恋愛論を紹介していこうと思う。
ちょっと人と違うらしい私の恋愛論。
恋愛を現実的に考えるという話。
だって、よくある恋愛本はどこか自分たちに遠い世界だから。

なんか書いてるひとスゴすぎるやろ。
いや私らにはムリやて。
よーわからんし、こんなセリフよーゆえんし。
だいいち私がゆーたらキモいやろ。

ほんなら他とはちょっと変えて。
現実的な話をしよう。
そんな恋愛論。