読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実的恋愛論。

現実的に恋愛を考える。恋愛を愛してます。

はじめのはじめのだいいっぽ。

現実的恋愛論、さいしょのお話は

「ものごと全てなるようにしかならない」

ということ。

 

そらせやろという話だけれど、なにぶん恋愛は感情でするもの。そう思えなかったりするものです。

「私はこんなに愛してるのに、相手が応えてくれない」

そんな話が、一番わかりやすい例。

果たして私が愛することと、相手が応えることに因果関係が成り立つでしょうか。

答えはNo。

 

好きな気持ちが強いほど応えて欲しいのが人情ってもんです。でももしそれが成り立ったらアイドルとかえらいことになります。

ものごと全てなるようにしかならない。

つまり、好きになるようになっている人を好きになるということ。

その条件が整っているかが鍵です。

まずはその現実をしっかりと認識していきましょう。

相手が好きになる条件は何か?

それを満たしちゃえばいいんです。ぶっちゃけ相手を愛しているかは関係ありません。向こうだって片思いをするわけですから。

そしてもう一つぶっちゃけると無理なもんは無理ってことです。

 

じゃあ相手の好みになればいいのかというと、相手が言う好みのタイプが全てでもないんです。

全然タイプちゃうねんけど好きやねんな~。なんて話もある。つまり、好きになる条件を本人も全て認識してるわけではない。考えてみりゃ、自分の全部がわかるわけじゃないですからね。 

 

ほんならどないしたらええねん!

となるかもしれませんが、焦らないで。

今回のお話で重要なのは、

自分のしていることは欲しい結果につながっているか?

という因果論の視点を持つことです。

つながっているハズなのに結果がつながってないなら、それは間違ってます。もしくはヌケモレがあります。なるようにしかならない。結果が正しいんです。

まずはその視点をしっかりと持ちましょう。

 

相手はどう感じるのか。本当に喜んでいるのか。実際には何が好きで、どうすれば魅力的に見えるのか。 

 

「ものごと全てなるようにしかならない」

厳しいし難しいけれど、それが現実。

現実的恋愛論、はじめの第一歩。